埼玉で弁当宅配なら富士会館にお任せください。

衛生管理について

  • HOME »
  • 衛生管理について

衛生管理について

安全を守る3つのゾーン

お弁当という製品には、おいしさや魅力的な価格と同時に、安全は欠かせません。そのために、施設設備を3つのゾーンに分け、安全で安心な製品づくりを心掛けております。

一般ゾーン

調理場内では一番クリーン度が低いゾーンです。床の色は緑色で区別され容器返却室、洗浄前室、検品室などがこのゾーンにあたります。また、外につながる扉を持つ部屋は全てこの一般ゾーンにあります。つまり、調理場と外とのバリアの役割をはたすゾーンといえます。

準クリーンゾーン

調理場内では、クリーンゾーンに次いでクリーン度が高いゾーンです。床の色はグレー色で区別され加熱調理室、炊飯室、出荷準備室、洗浄後室などがこのゾーンにあたります。火や蒸気、電気を使っての調理は全てこのゾーンの部屋で行います。また、煮炊き、焼き物、揚げ物などの調理業務を行うため、大変汚れやすいので、このゾーンの部屋は洗浄が簡単に行えるような構造になっています。

クリーンゾーン

理場内では一番クリーン度が高いゾーンです。床の色はクリーム色で区別され盛りつけ室、米飯盛りつけ室、冷却室、コールドキッチンなどがこのゾーンにあたります。特殊なフィルターを通した空気の取り入れ、さらに浮遊菌の低減なども行っています。

食堂運営改善のご案内

社員食堂をお持ちのお客様

食堂運営経費の改善にご興味はございませんか?

自社・または外部に委託していても、下記の経費は、大半の事業所がお客様のご負担になっていると思います。

  1. 水道光熱費
  2. 調理設備維持費用(保守契約含む)
  3. 排水等汚水・汚泥処理
  4. 備品購入費用等
  5. 生ゴミ処理費
  6. 調理加工人件費・労務費(特に自社運営)
  7. 食器等購入費用
  8. 運営諸費用

おそらく、100食規模の社員食堂で、運営年間は、外部委託費用+200万~300万、自社運営であれば500万~800万程度の経費はかかっていると思われます。

お弁当に切り替えていただければ、上記費用はすべてなくなり、喫食代金のみになります。 1食あたり単価は少し高くなるかもしれませんが、社員食堂の外部委託金や、自社運営費用を考えると会社としては大幅な経費削減につながります!!

ただ、社員食堂からお弁当に切り替えると、一番費用は削減できますが・・・

  1. 食堂の提供スタイルはなるべく維持したい
  2. 食堂維持コストはなるべく削減したい
  3. 新たに食堂を改築・新築したいが、スペースがない

そんな時も、ご相談ください。弊社にて半調理・配達方式での食堂運営をご提案させていただきます。

提供イメージ例

こんなメリットがございます

  1. 食堂の提供イメージは、さほど変わらない。
  2. 水道光熱費・調理設備維持費用・排水・汚泥処理費用等は半減以下
  3. 生ゴミ処理費用はかかりません(当社持ち帰りが基本です。)
  4. その他打ち合わせさせて頂いた内容で削減余地がございます。

どうぞお気軽にご相談ください。ご相談はもちろん無料で、誠心誠意ご提案させていただきます。
提供メニュー数・提供人員等お客様のご要望にお応えさせていただきます。

TEL 0480-73-3085

配送エリアはこちら >>

【埼玉県】
加須市、羽生市、行田市、久喜市、桶川市、白岡町、鴻巣市、北本市

PAGETOP
Copyright © 有限会社富士会館 All Rights Reserved.